--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年08月30日 23:04

最近話題に上がってたので、ミニ四駆の、主にタイヤを削る用のヤスリの話なんかを。
手持ちのヤスリで使い勝手を簡単に説明しつつ
某所をパクらせてもらってオススメ度★(1)と☆(0.5)の最大5点評価で書いてみようかと

※主観による超個人的感想です


・ダディズポケット プラスチックヤスリ (誉P2中目)

評価:★★★

スキヤキヤスリの名前でモデラー界隈では昔から有名なヤツ
現在は入手方法不明ですが、誉と呼ばれるシリーズのヤスリと
殆ど全く同じもの(作っている所も同じ)なので
実質誉の中目のレビューだと思って頂ければ。

持ち手部分もヤスリ刃なので、片側にマスキングテープ等を巻いて使うのが
モデラーの間でも一般的(と思われる)

単目ヤスリで非常に切れ味が良く、ダイヤモンドヤスリのような擦る感じのヤスリではなくて
斬り削るタイプのヤスリなので、最近使われているカラータイヤ(シリコン系素材)
を削っても表面を溶かすことがない。

プラ用としても優秀で、削った後の表面が綺麗に仕上がる単目ヤスリの強みを生かして
バンパーカットした部分の表面処理等にもオススメできる
ただしお値段が高い

タイヤ削り用としては、切削力、仕上がりの綺麗さ共に
実用範囲ではあるものの、どれをとっても中途半端な印象
プラスチックヤスリ 誉 P2 中目
ミネシマ
売り上げランキング: 128,576






・プラスチックヤスリ 誉 P2 細目

評価:★★★☆

前述のスキヤキヤスリと同型で目の細かい誉 P2 細目。
P3くらいのサイズの方が使いやすい気も

単目で切れ味が良いというのは中目と同じで
目が細かい分、さらに綺麗に仕上げることが可能。
これも値段が高く、また目が細かい分切削力は今一つ。

仕上げヤスリとしての使い勝手は良好で、
切れ味も良いので最後の微調整から仕上げまでの段階で非常に役立つ。

自分は最後の0.3mmくらいからの微調整をこのヤスリでしていて、
そのまま仕上げてしまうことも多い。

切削力が100均ダイヤモンドヤスリ程度しかないので、
これ一本で全部というのはお勧めできない。
プラスチックヤスリ 誉 P2 細目
ミネシマ
売り上げランキング: 176,511






・Gツール MF01 匠之鑢・極 真打 平 (両小刃仕様)

評価:★★★★☆

手持ちの中では一番評価の高いヤスリ。
単目ではなく、格子状の刃ではあるものの切れ味は抜群で、目詰まりもしづらい。

これも切れるタイプのヤスリなのでタイヤ加工の際、回転速度に関係なく、表面を溶かさない。
単目に比べて明らかに切削力が高く、また仕上がりも割と綺麗
(そのまま仕上げてしまうことも結構あります)
程よいコンパクトさで使いやすい。プラの切削力も単目より優れる。

プラを削る際は仕上がり面が荒くなるので仕上げ加工必須。
(ゴムタイヤの場合はあまり仕上がりに差はでない)
ヤスリの側面に両側とも刃がついているので、タイヤ削りには問題ないが
プラやホイールを削る場合は側面の刃が邪魔になることも

総合的には一番使いやすく、どれか一本のみしか使えないとなるとこれを選ぶと思う。
ミニ四駆ではタイヤ以外にも、VSシャーシの肉抜き穴を整えたりするのにもメインで使う。

5点満点でない理由は、仕上がりが比較的綺麗ではあるものの
完璧とまではいかないという部分と、
切削力は高いが1mm~2mmくらいの厚みを削り込む場合の話で、
もっと厚みのある状態から一気に削る場合は
後述するようなもっと切削力特化のヤスリが欲しくなるため。

Gツール MF01 匠之鑢・極 真打 平 (両小刃仕様)
GSIクレオス (2010-12-22)
売り上げランキング: 110,428







北岡ヤスリ 三度目ヤスリ (旧型)

評価:★★★

こちらも模型界隈では有名どころのヤスリ
三度目ヤスリは切削力に特化したヤスリで、表面が鮫肌みたいな
エグい形状の刃が並んだ形状のヤスリ。
気持ち良いくらい削れるが、表面の仕上がりはとても荒く、
削りすぎる危険も他のヤスリに比べて高めで、
終盤0.5mm切る前あたりからは別のヤスリでの仕上げを推奨
あまりギリギリまで三度目で攻めると、
仕上後もタイヤに傷が残る場合も

ちなみに自分はペラタイヤ作成の際、
狙った径の+1mm弱くらいを狙って
タイヤセッターで横から刃を入れてスライスし、
狙ったサイズに近づけてから加工に移るので
このヤスリを必要とすることはあまりないです。
計算違いでちょっと厚くスライスしてしまった時に
ガーっと1mmくらい手早く削るのに使うくらいです

カッター等でのスライスなしで、ヤスリのみでごりごり削って
狙ったサイズにしていく人なら、★+1でしょう。

お値段が非常に安いのは強み。
しかし、手作りの関係なのかもしれませんが個体差があるようで、





こんな歪んでることもあったり。
タイヤ削る分には面をあてることは滅多ないですし
そもそも粗削りにしか使わないので
あまり気にはならないんですが、気になる人は気になるかも

圧倒的な切削力があって、コスパも良い割に評価が振るわないのは
前述の、セッター併用なのでそこまでの切削力は求めていないという
私の主観的な部分でのマイナス点が1点、あとは他のヤスリと違って
このヤスリは必ず仕上げヤスリと2本で1セットで運用することになり、
他のヤスリは一応一本でも完結するという部分で0.5くらいマイナスにしてます。





・まとめ的なもの


単品評価は同じ評価3でも、誉中目がどっちつかずな器用貧乏感あるのに対して
北岡ヤスリは仕上げヤスリと2本で運用することで欠点はお互いに補えるので
組み合わせで考えるとまた評価が色々変化しそうです。


ヤスリのみの組み合わせで加工するなら
三度目ヤスリ+仕上げヤスリ

一本だけ良いヤスリがほしい、仕上げはペーパーでもいい
みたいな人なら極ヤスリ一本

セッター等も流用する人は
セッター+極ヤスリ+仕上げヤスリ

が良いかなと感じます。
ちなみに仕上げヤスリは、切れ味の良い細目なら何でもよいかと。
誉ヤスリ細目でないといけない理由は特に無いかなと感じます。

アルゴファイルの板状粗目ダイヤモンドヤスリ等もありますが
タイヤを削るのにダイヤモンドヤスリはどうしても
表面を溶かす可能性が出てきてしまうので1ランク劣る
気がします。以前はずっとダイヤモンドヤスリの
エッジ部分を軽くあてる感じでタイヤ加工してたので、
加工自体はできないというわけではないです。

じょいほびヤスリは誉の下位互換、
タミヤのクラフトヤスリ、ハードコートヤスリはいずれも
極ヤスリの下位互換という印象だったので省略します

仕上げヤスリは北岡ヤスリが気になってますが、
切れ味は最も良いだろうと予想されるものの、仕上げヤスリが
三度目ヤスリのように個体差で曲がってると流石に困るし、
まあ誉細目買っちゃったしあれでいいか的なのもあって
購入に踏み切れずにいる感じです。
スポンサーサイト

ラップボードⅢのレビュー

2016年01月04日 19:44

ちょっと長々ツイッターでレビューするのもアレなんで
放置気味だったこのblog使って感想置いておきます。
購入を考える際にはなんかの参考にでもしてください

※主にミニ四駆のパーツ加工に限定した内容です


・アルゴファイル ラップボード III

本来はプラやレジンの削りカス吸う集塵機として使われることが多いヤツですね
ミニ四駆においては主にGFRPやカーボン削った時に出る粉塵、
タイヤ削った時に出る細かいゴムのカスやスポンジ等を吸う目的で使います。

今まで集塵機がわりにクレオスの塗装ブースのフィルターはずして使ってたんですが
・結構場所を取る
・吸引力が低い(塗装用の塗料、溶剤等の吸引には十分)
・ダクトで窓から外に空気を逃がすタイプなので
冬場は寒く夏場は虫が入る


こんな理由で良い感じの集塵機が欲しくなってラップボードポチりました
軽く使用してみた感想等

良かった点
・省スペース
・塗装ブースのシロッコファンと比べて吸引力がかなり高い
・ダクトが必要ないので窓を開けなくて良い



悪かった点
・クソ高い
・うるさい




良かった点の詳細。
省スペースという点。
ダクトがないのとカバー部分が小さいというのもあって
クレオスの塗装ブースと比較するとこんな感じです




次に吸引力が高いという点。
クレオスの塗装ブースとの比較になりますが、
あの塗装ブースは塗装用としても吸引力が高いとは言いづらい方なので
比較するとかなりの差・・・というか流石に別物です。

塗装ブースでカーボンを削った場合、カーボンの粉がふわっと舞いかけて、
その後ゆっくりブースの方向に吸い込まれていく感じになるんですが、
ラップボードの方はカーボン粉が舞わずに、削ったはしから
中央のファンに向かってガンガン吸い込まれていく感じです

ファンから少し離れた場所で削っても全部吸い込んでいくので
あまり極端に集塵機に近づけて作業しなくていいのは便利


悪い点の詳細

・簡素な作り、単純な機能の割に高い。
市販されてないファンだそうで確かにすごいハイパワーですけど
ファン以外の部分は驚くほど簡素な作りなのに高い。
これは塗装ブースもそうなんですが同型のファンが
安く手に入るなら自作でいいなぁと思わされます。

とはいえ自作品は、自作故にかゆい所に手が届くように作ることもできますが
逆に自作故に所々でボロが出て、結局完成品買いなおすハメになることも多々あるので
どっちが良いかは人それぞれかもしれません

そしてもう一点

・音がうるさい。

静音って書いてますが普通にうるさい。
もちろんこの吸引力にしては静音ですという意味なのはわかってますし、
吸引力で劣る塗装ブースも静音と言われてますがそれなりにうるさいので
これはある程度仕方ないとこでしょうか。
振動音や機械音的な煩さでは無く、掃除機ほど派手な音もしませんが
換気扇を強にしたような音って感じです
隣人や階下の人への騒音になることはないと思います



・まとめ的なもの

強力な吸引力でガンガン吸い込んでくれるので
カーボンの粉が舞う心配を全然しなくて良いのはとても助かるし
作業スペースが格段に広くなったので自分的には満足。
ただ、誰にでもオススメできるかどうかというとNOかなー
以前同じメーカーのリューターを買ったけど、
あれに関しては「そのリューターそんなに高かったの?」って言われても
「機能と精度考えるとこの値段は全然安いよ」
って即答できるくらいわかりやすい良さがあったけど、
この集塵機に関しては「これ2万近くもしたの?」って言われたら「う、うん」
としか言えないと思う。

ちゃんとした使用目的があって強力な集塵機が欲しいなら
集塵機としての使い勝手はかなり優秀だから良いんじゃない?ってくらい

ダクトいらずなのも物凄く便利だけど、普通に袋を
ファンのうしろにくくりつけてるだけの簡単な作りなので
塗装ブースや自作のファンのダクトの根元に同じ袋くくりつければ
そこは解決しそうだなぁと。

フィルターや袋の目詰まりやそれによる影響なんかも
今度使い込んでいかないとわからないのでそのあたりはまだ評価できないところ

最後に。
ブログにコメント頂いても返信しません・・・というか見てませんので
何か質問等ある場合はツイッターの方へ。

撮影云々とか

2011年10月05日 23:24



あくまで私がやってるやり方なので正しいかどうかはまた別の話ですが。。。



壁に背景紙、机に黒アクリル板を乗っけて、なるべく壁から離して撮影してます。
メイン光源は斜め後ろから、背景紙に光を当てないように

このライトは中古を安く譲り受けたものですが、
ぶっちゃけメインのライトの質はそこまでこだわらなくても
デフューザーがわりになる薄い布か半紙みたいなものをデスクライトに
かぶせてやるだけでもなんとかなります・・・というかなってました。

大事なのはレフ板の方で、被写体の全体的な明暗の調整は
光源の位置調整よりもレフ板による反射光の調整によるものが大きいです。
特にセンサー系にメタリックテープやオーロラデカールを使用してる場合、
レフ板の位置を調整して、カメラから見たとき丁度メタリックテープに
光が反射してる見えるように位置調整するとすごく映えます。

ただ、反射で影を全部照らして明るくすればそれでいいかというと
そういうわけでもなく、逆に立体感を失ったりしてしまうので
その辺はレフ板の位置を弄りながら見栄えのする明暗を模索しましょうということで・・・

あと、カメラについて。
最近はコンデジでも良い性能のもの、接写に強いものが出ていますが、
よく作品を撮影してアップする人は、多少古い型や状態の良い中古で良いので
一眼レフを買ったほうがいいと思いますよ、全然違います。

あと良い一眼レフを買うなら、安い一眼と安いマクロレンズを買ったほうがいいです
マクロレンズ買った後の細部の拡大画像撮る面白さは異常。

・・ただ拡大に耐える作品を作らないといけなくなる諸刃の剣。

↓その他の話↓
[ 続きを読む ]

メリクリその2

2011年10月03日 21:41

メリクリの画像など。
fgに登録している人はfgの方が色々細かくのせていますのでよろしければ↓をどうぞ。
http://www.fg-site.net/members/47112/


めりくり1

めりくり3

めりくり2

めりくり4

fgのメリクリウス、デイリーとウィークリーラインキング一位も頂きました。
見てくださった方、評価してくださった方、ほんとありがとうございます
メリクリウスがこんな愛されてるとは・・・これはワンチャンMG化・・・ないですかね(ノ∀`)

[Wの悲劇] の企画ページも始動しはじめ、これから徐々に
参加者の作品が公開されるみたいです。
楽しみ(゚ロ゚*)

今回は初の旧キットでもあり、結構不安もありましたが
いざ作ってみると旧キットとはいえなかなかの出来で
元々のモールドやデザインも良好でした。
なのでプロポーションと可動部以外はそんなに沢山は弄っていません。

今回はパーツ分割が少ない分、マスキングや塗りわけを必要とされたので
細かい部分の塗装がはみでないように、スミ入れがボケないように、
合わせ目、傷やヒケが目立たないように、デカールの段差が目立たないように・・・と
ひとつの工程を丁寧に進めるのを心がけました、なぜなら実物が
集合写真担当のGPARTS店長の元に送られるので
「写真だとそこそこ綺麗だけど実物は・・・(゚゚;)」
などと思われたら・・・まあ店長そんな人じゃないですけどもw


以下は長文ぽいのとか。
[ 続きを読む ]

これが野生のアナハイム・・・

2011年03月07日 14:06

FA完成まではしばらくもうボールのネタもないだろうと思っていたんですが、
例のアナハイム・エレクトロニクス千葉のみつー氏が
今度は逆に立体化した方のディティール等を取り入れて
新たにリアル調の新作CGイラストを作って下さったようです、
しかもまだ未完成だったFAまで・・・!!これはもう私も意地でも完成させないとって感じです(゚ロ゚*)




こちらは登録制のイラスト系SNSサイトpixivの方







私は私でまたガドリングこんなに買っちゃったことですし・・・・(死

そういえばユニコーン、EP3見ましたがすごく良かった・・・
付録のガドリング用に買ったユニコーンエースでしたが、
EP3に出てたドライセンのパイロットの話や旧式スタークジェガンのパイロットの話を描いた
漫画が載っていて映像で顔出しはないものの、なんかEP3でのmob戦の感情移入度が増して
グっときました(ノ∀`)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。